実は同じもの?「ショーツ」と「パンティ」の違いとは?

 

実は同じもの?「ショーツ」と「パンティ」の違いとは?

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

女性用の下着の呼び名は「ショーツ」と「パンティ」の2種類があります。

 

この二つの下着には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

その違いを正確に他人に伝えられる人は少ないかもしれません。

 

そこで、ショーツとパンティの違いについてお伝えします。

 

なぜ女性用下着が、ショーツ、またはパンツと呼ばれるようになったのか、その背景も紹介していきます。

 

 

 

ショーツとパンティは同じもの?

 

女性の下着を「ショーツ」、または「パンティ」と呼ぶことがありますが、明確な違いがわからないという女性が多いのではないでしょうか。

 

どちらも女性用下着であることは間違いなく、ショーツとして購入したものも、パンティとして購入したものも、生地や形、金額などに、大きな違いが見られないためです。

 

さっそくこの問題の正解を言うと、ショーツとパンティは実は「同じもの」という答えになります。

 

 

 

 

パンティという名前の由来とは?

 

それではなぜ、同じ女性用下着を指す言葉が、同じ時代に二つ同時に存在することになったのでしょうか。

 

そもそもショーツは「ショートパンツ」の略で、「股下が短い、ぴったりした女性用下着」を意味します。

 

男性用のパンツと比較すると股下部分が短く、ぴったりした形のものが多いためです。

 

一方のパンティにも同様の意味があり、女性用のショーツタイプのパンツを指しています。

 

パンティという名称は、「主に男性用下着を意味するパンツを愛らしい名称に変化させたもの」という由来があります。

 

パンツは英語表記にすると「pants」になります。

 

そこに「愛らしい」という意味がある「y(ie)」をつけて「panty(panties)」と呼ぶことになりました。

 

実はパンティは和製英語ではなく、英語圏の国でも実際に使用されていた女性用下着の名称になります。

 

パンツは男女がはく下着全般を指していたため、より女性用下着であることを強調するためにパンティと呼ぶようになりました。

 

結果的に、パンツは男性用の下着だけを指すようになり、パンティは女性用の下着を指すようになったのです。

 

 

 

 

ショーツとパンティが混在する理由とは?

 

1950年代に日本に広まり始めた女性用下着が、時代を経て現在のような形になり、パンティと呼ばれる時期がしばらく続きました。

 

しかし、パンティという言葉には少しいやらしいニュアンス、性的なニュアンスがあるのではないかということが問題になりました。

 

パンティという言葉には「男性を性的に興奮させるアイテムとしての女性用下着」という意味が含まれているのではないか、という見方です。

 

このことを問題視した下着メーカーが、1990年代前半から、パンティという呼び名を避けて、ショーツと呼ぶようにするための活動を始めたのです。

 

こうして時代を経るごとに、デパートの女性用下着売り場の商品は、パンティという呼び名の商品が消えて、ほとんどの商品がショーツとして販売されることになりました。

 

一方で女性が購入する機会が多い、日本の大手下着通販メーカーは、現在もパンティという言葉で、女性用下着を販売しています。

 

こうして女性用下着をショーツと呼ぶ下着メーカー、パンティと呼ぶ下着メーカーが混在するようになりました。

 

そのため女性は、ある下着メーカーで女性用下着を購入する時は、ショーツを買うことになり、ある下着メーカーで女性用下着を購入する時は、パンティを買うことになりました。

 

こうして同じ意味を持つ、二つの女性用下着を意味する言葉が生まれ、女性が混乱する要因になっています。

 

 

 

 

ショーツとパンティの深い背景を知りましょう

 

ショーツとパンティの違いを知るためには、女性用下着の歴史を知る必要がありました。

 

男女の下着を意味するパンツから、女性用下着を区別するために、パンティという言葉が生まれました。

 

しかし、パンティには性的な意味合いが含まれていることが問題になり、ショーツと呼ぶ下着メーカーが増えて、現在のようなショーツとパンティの混在する状態が生まれているのです。

 

 

株式会社マルキ | 日本製のインナー・ショーツ

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ

株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

屋号 株式会社マルキ
住所 〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階
電話番号 03-3637-0211
営業時間 9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。
代表者名 木下 和晃
E-mail info@maruki-kk.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ 株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階

03-3637-0211

03-3637-0253

9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。