これって替え時?変えるべきショーツの見分け方

 

これって替え時?変えるべきショーツの見分け方

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

洋服と同様に、意外と捨てるタイミングが分かりにくいショーツ。

 

まだ使えそうだし、もう少しいいかと捨てるのを先延ばしにしていませんか?しかし、古くなったショーツを使い続けていると思わぬデメリットも。

 

ふとした時に恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

 

今回は、そんな分かりにくいショーツの買い替え時と、ポイントについて説明します。

 

 

 

古いショーツを使うデメリット

 

ショーツは特にデリケートな部分が直接触れるものなので、常に清潔にしておきたいですよね。

 

しかし、毎日きちんと洗濯していても、汚れはだんだん蓄積していくものです。

 

目立った汚れはないけど、なんだかちょっと臭う…。

 

それは、雑菌が繁殖しているからです。

 

放っておくと、さらにカビが発生したり、他の洗濯物に菌を移したりする可能性もあります。

 

このようなショーツを使い続けていると、さらに最悪の場合、肌トラブルや感染症を引き起こしてしまうかもしれません。

 

このようなひどい事態を防ぐためにも、きちんと適切な買い替え時を見極めたいですね。

 

 

 

 

どのくらい?ショーツの寿命

 

メーカーや専門家によって違いはありますが、ショーツの寿命は、基本的に3日に1度着用した場合で約70日と言われています。

 

そんなに短いのかと、驚く人も少なくないでしょう。

 

使用頻度によっても変わってきますが、よく履くお気に入りのショーツほど買い替え時は意識したほうがよさそうです。

 

何枚かまとめ買いをして、一枚のショーツに負担がかからないようにすると長持ちするかもしれません。

 

 

 

 

寿命以外の買い替え時を見極めるポイント

 

時間的にまだ寿命を迎えていないというショーツでも、買い替えたほうがよい場合もあります。

 

ひとつひとつ、ポイントを見ていきましょう。

 

ゴムが伸びてきた

 

履いているうちに、ゴムがゆるくなってきた、体にフィットしなくなってきたということはありませんか?緩くなったショーツを履き続けていると、それだけで気になってストレスですよね。

 

体形に合わないショーツを履いていると、体のラインもだらしなく見えてしまうかもしれません。

 

少しでもゆるみを感じたら、買い替えを検討してもよいでしょう。

 

 

レース部分がほつれている

 

ゴムと同様に、見た目で分かりやすいのがほつれです。

 

レースは特に傷みやすいので、こまめにチェックしてみるとよいでしょう。

 

少しのほつれならまだ大丈夫と思う方も多いでしょう。

 

でも残念、ほつれは最初にほつれた部分から洗濯のたびにどんどん広がってしまいます。

 

少しでもほつれたら、もったいないですが捨てることも考えたほうがいいかもしれません。

 

 

生地が傷んできた

 

全体的に毛玉が出始めたり、薄くなってきたりしたらこれも替え時のサインです。

 

生地の薄さは、ショーツを日光に透かして見ると薄くなった部分とそうでない部分で透け方が違うので分かりやすいでしょう。

 

洗濯の度に色も少しずつ落ちるので、色あせや色むらも注意して見てみてください。

 

また、全体的になんだか形がいびつな場合も、生地自体が傷んで伸びている可能性があります。

 

頻繁に履いているショーツだと自分では気づきにくいかもしれませんが、おろし立ての頃の様子を思い出して比べてみましょう。

 

 

 

 

替え時を逃さないために

 

このように目立った特徴がなくても、やはり古いショーツは定期的に替えたほうがよいでしょう。

 

そのために、自分の中でルール作りをすることも一つの手です。

 

あらかじめショーツを交換するタイミングを決めておくのもいいですし、新しいショーツを買ったらそれと交換で古いものを捨てることもいいかもしれません。

 

傷みがひどくなる前に取り換えて、常に清潔なショーツで過ごせるようにできるといいですね。

 

 

 

 

いつも清潔なショーツでハッピーに!

 

なかなか捨て時が分からないショーツですが、これを機に、お手持ちのショーツを見直してみませんか?ショーツはとってもデリケートなものなので、衛生的にも、常にきれいなものを身につけられるようにしたいですね。

 

お気に入りのショーツこそ傷みやすいので、注意が必要です。

 

思い切って、新しいショーツに切り替えるのもいいかもしれません。

 

新品のショーツを身につければ、気分も上がりますし、気持ちも引き締まるはずです。

 

 

株式会社マルキ | 日本製のインナー・ショーツ

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ

株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

屋号 株式会社マルキ
住所 〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階
電話番号 03-3637-0211
営業時間 9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。
代表者名 木下 和晃
E-mail info@maruki-kk.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ 株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階

03-3637-0211

03-3637-0253

9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。