綿100%は要注意?服を食べてしまう虫とその虫食いを予防する方法

 

綿100%は要注意?服を食べてしまう虫とその虫食いを予防する方法

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

季節が変わるとしばらく着ない服などは箪笥の奥や押し入れなどにしまう事も多いですが、いざ使うときに引っ張り出すと虫食いが出来てしまって着られなくなったという失敗談は枚挙に暇がありません。

 

今回は大事な服を食べてしまう虫とはどんな種類の虫なのか、どんな予防方法ならこれらの虫食いを防げるのかについて解説していきます。

 

 

 

服を食べる虫ってどんなの?

 

服を食べる虫はよく見かけるもので4種類が存在し、幼虫の間の食料として服の繊維やホコリを食べる特徴があります。

 

特に下着などは畳んで敷き詰めて収納する事も多いため、温度も安定し、虫にとっては食料が敷き詰められた過ごしやすい場所になってしまっているのです。

 

以下はこの代表的な服を食べる虫4種の外見的特徴です。

 

ヒメマルカツオブシムシ

体長2.5mmほどのぶち模様をした丸い甲虫で形はてんとう虫にやや似ています。

 

幼虫の頃は楕円形の姿で毛が生えており、体長も4~5mmほどと成虫よりも少し大きめです。

 

 

ヒメカツオブシムシ

体長3.5~4.5mmほどの真っ黒でやや長細い形をした甲虫です。

 

幼虫の頃は長細い尺取虫のような姿をしており模様は茶色二色のまだら模様をしており、体長は7~10mmほどとだいぶ大きめです。

 

 

イガ

小さな蛾であり、体長5mmほどの小さな羽虫です。

 

幼虫の頃はやや透明感のある白い芋虫の姿をしており、体長は5~6mmほどです。

 

衣類の繊維でミノムシのような隠れ蓑を作るのでやや見つけづらい特徴があります。

 

 

コイガ

体長5~7mmほどの茶色い羽虫で、幼虫の頃は白い尺取虫のような姿で6mmほどです。

 

成虫の食性がイガよりもやや幅広くなっており、衣類だけでなく玄米や小麦などの乾燥食品も食害される恐れがあります。

 

 

 

 

虫に食べられる服と食べられない服

 

これらの虫はホコリや衣類といった繊維を食料としており、下着などに多い綿100%はもちろんのこと、麻やウール、カシミヤ等の高級繊維などもその標的となるため非常に厄介な存在です。

 

特に食べられやすさでは動物性繊維の方が被害率も高く、ウールや絹などの高級素材が狙われやすい傾向にあります。

 

また次点で綿や麻、木綿やリヨセルといった木材再生繊維や植物繊維が狙われやすくなっています。

 

しかし基本的に虫は手近な物から食べていってしまうので、どちらも同じように対策を施す必要があります。

 

その反面虫食いが起きないとされているのが石油由来の化学繊維です。

 

石油が原料となっているため虫が栄養として消化できず食べようとしないため虫の食害に遭うことはありません。

 

 

 

 

虫はどこからやってくる?

 

虫の侵入経路は多くありますが、羽虫などは洗濯物として干している最中に付いてしまう事が多いようです。

 

また場合によっては購入した服から入る可能性もゼロとは言えません。

 

最初は洗濯物などに付いていたものが家の中に取り込まれてクローゼットに入り、そこから衣類がより密集していて過ごしやすい下着をしまっている棚に移動する事が多いようです。

 

また成虫は見える大きさなので取り込む際に注意深く服を払うなどすることで除去できますが、卵まで見つけることは難しいので100%確実に家に入れない方法は無いと言えるでしょう。

 

そのため服を虫から守る上で大事なのは、入ってきているという前提で考えて行う「しまっている服に対して行う防虫対策」になるのです。

 

 

 

 

服を食べられないための予防方法

 

虫は湿度を必要とする生き物であり、乾燥した場所を嫌う特徴があるため、こまめにクローゼット内の換気を行うことで虫の居づらい環境にして上げることが大切です。

 

また除湿剤も効果的ですが、除湿剤を使う時は逆にしっかりとクローゼットを締め切ることで効果が上がるのを覚えておきましょう。

 

また防虫剤を使うのも大事な衣類を守る上で欠かせませんが、下着などの衣類を密集してしまっておく場所では無臭のピレスロイド系防虫剤がおすすめです。

 

薬剤の入った小袋を入れるタイプの物などもありますが、衣類を包むシートタイプの防虫剤であれば特に大事な服や下着をより確実に守ることが出来るでしょう。

 

 

 

 

しっかり防虫対策をして大事な衣服を守ろう

 

今まで虫食いなどを経験していなかったとしても、虫の生態系は日々変化しており、今までコイガなどが居なかった場所にも新たに現れて食害を広める可能性があります。

 

しかし服が食害に遭う前にしっかり防虫対策をしておけば、安心して洗濯物を干せるでしょう。

 

少し高い洋服なんかも食害の心配をせずしまっておけますので、転ばぬ先の杖として対策を忘れないようにしましょう。

 

 

株式会社マルキ | 日本製のインナー・ショーツ

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ

株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

屋号 株式会社マルキ
住所 〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階
電話番号 03-3637-0211
営業時間 9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。
代表者名 木下 和晃
E-mail info@maruki-kk.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

日本製の綿100%ショーツ・インナー|株式会社マルキ 株式会社マルキでは、100%日本製のインナー・ショーツを生産、販売しております。生地選びから縫製までこだわり、低価格でありながら、安心・安全で高品質な商品をお約束します。綿100%ショーツ、サニタリーショーツ・大きいサイズ・ジュニアショーツ・軽失禁ショーツなど、幅広いニーズにお応え致します。OEMも是非ご相談ください。

〒136-0071
東京都江東区 亀戸1-8-8大樹生命亀戸ビル4階

03-3637-0211

03-3637-0253

9:00-17:00
土日祝祭日はお休みをいただいております。